ビジネスローンの金利はサービスで大きく異る

 

ビジネスローンは、キャッシングサービスやカードローンなどの事前の審査によって利用者の信用力を確認し、その信用力に見合った融資限度額を設定して、その限度額内であればいつでも借り入れが出来るというサービスの事業者向けサービスのことです。つまり、ビジネスローンを利用できるようにしておけば、急に必要になった事業資金をすぐに借り入れることができるというものです。しかし、ビジネスローンといっても、提供している事業者やサービスによって大きく変わってきます。特に金利設定はかなりの差が出ます。提供している業者としては銀行と消費者金融や事業者金融、また信販事業を行っている貸金業者があります。銀行のビジネスローンの場合には銀行が提供するサービスによって大きく変わってきます。本格的な企業向けであれば、1億円程度まで借り入れることが可能で金利も2%前後としているものがあります。

もちろん、審査は厳しいためどの企業でも利用できるというものではありませんが、このタイプのビジネスローンを利用できるのであれば、本格的な事業融資の代わりとしても使うことができます。一方で現実的な中小または個人事業主向けビジネスローンとしては個人向けのキャッシングやカードローンと変わらない水準にあります。銀行の場合には年利8%、15%、18%を金利の上限としているものが見られ、年利8%のものは当然ながら審査も厳しい傾向にあり、銀行のビジネスローンの平均的なものとしては年利15%のものが一般的です。限度額の設定は金利が低いほど多く設定できますが、多くは1000万円程度が上限です。一方で貸金業の場合には金利が年利18%を上限としているのが一般的です。貸金業でも消費者金融・事業者金融系の場合には審査そのものがスピーディーですので、即日審査・即日融資を受けることも可能です。ただ借り入れられる金額は500万円程度が上限となっています。いずれにしても金利の高いビジネスローンでは主につなぎ融資として使われるのが一般的です。

ビジネスローンとは? キャッシングとの違い

 

ビジネスローンとは、銀行や消費者金融、信販会社などが提供している事業用途に使えるお金を貸し付けるサービスのことです。仕組みとしては銀行が行う事業者向け融資と消費者金融や銀行が行っているキャッシングの中間に位置します。一般的に事業を目的として融資を受けるのであれば、銀行の事業者向けローンを利用することになりますが、大きなお金を借りられる反面で、借りる目的が審査され、また会社の業績や事業計画なども提示しなければならず、簡単にお金を借りるといったことができません。もちろん、長期的な視点でみれば金利も低いため有益な方法ですが、一方で急に資金が必要となった場合には不向きといえます。急に資金が必要になった場合におけるニーズを補うものがビジネスローンです。

ビジネスローンは個人向けのキャッシングサービスを事業向けにしたもので、事前に審査を行っておき、その信用度によって融資限度額を設ける仕組みです。融資限度額の範囲内であれば、審査不要でいつもで事業目的のお金を借り入れることができます。また本格的な融資とは異なって審査はスコアリング方式で行われるので、はじめて利用するさいの借り入れまでの時間がはやく、また提出しなければいけない書類も少ないといったメリットがあります。一方で金利に関しては一般的な銀行融資が数%程度であるのに対してビジネスローンは種類にもよりますが、2%から18%と一般のキャッシングサービスと変わらない水準になります。もちろん2%台の金利が設定されていれば、銀行の本格的な融資よりも簡単に借り入れができるので利便性に優れますが、高金利の場合には金利負担が大きくなるため基本的には短期のつなぎ融資として利用されるのが一般的です。また金利が低いビジネスローンほど審査が厳しくなりますが、金利が高いビジネスローンでは審査に通りやすいメリットがあります。なお、金利が高いビジネスローンでは、金利との兼ね合いから500万円までが上限額となっているケースが多く、また低いところでも1億円程度が上限額となっています。

昔からあるカードローンだったり…。

 

金利は最も重要なファクターと言えますから、これをしっかりと比べて考えれば、当事者にとってベストと呼べるおまとめローンを発見することができるに違いありません。担保も保証もどちらもない状態で一定の金額を貸すというのですから、申し込んできた人の人となりで見極める以外には手がないのです。他の借金が少額で責任感の強い人が、審査に合格しやすいという傾向があります。どのようなやり方で貸し倒れに見舞われないようにするか、ないしは、そのリスクを減らすかに留意しています。というわけで審査においては、登録されている信用情報が何よりも重要になってくるのです。「まったくのビギナーなので気掛かりだ」という方も大勢いらっしゃいますが、難しいことは何一つありません。申し込みはわかりづらいところなし、審査もあっという間、その上使いやすさなども堅実に進化していますので、心配なく利用することができます。昔からあるカードローンだったり、キャッシングにて現金を調達する際は利息を支払う必要がありますが、無利息キャッシングであれば、事前に設定された期限内なら、利息はかからないのです。

「小額のキャッシングをして、給料日に全額返済する」という会社員に多く見受けられるパターンを考慮すれば、「ノーローン」は、あなたの都合に合わせて無利息キャッシングを行なうことが可能なので手軽で便利だと思います。利息を払ってもらうことで会社としての運営ができているキャッシング会社が、不利な無利息キャッシングを扱う狙い、それは取りも直さず新規客を得るということなんです。直ぐ必要でなくてもキャッシングの申込みと手続関係を終わらせておき、具体的に緊急時に役立てるという具合に、何ともしようがない時のために用意しておくという人も多数見られます。今話題のキャッシングは、ネットで子細に渡って完了してしまうので、想像以上に効率よく手続きが進められます。提示必須の書類などもありますが、カメラで撮って写メを送付すればOKです。

アイフルは、テレビコマーシャルでも良く知られているキャッシングローンサービスの会社ですね。そしてここは、即日キャッシングサービスを提供している豊富な実績を持つ超優良キャッシングサービス事業者だと断言します。ご覧いただいているサイトは、「どうしても今日中にお金を用立てる必要が出てきた!」などといわれる人用に即日キャッシングができる金融関連業者を、念入りにチェックし、掲載しているサイトなのです。計算上使用される実質年率は、利用者自身の持つ信用度で違うと言われます。一定レベル以上の金額の借り入れをお願いしたい場合は、低金利カードローンを検討してみてください。無利息キャッシングを利用する場合に、事業者次第ですが、初めて借り入れをする人に対してだけ30日間無利息で「融資可!」というふうなサービスをしているところも目立ちます。昨今は、実質銀行が親会社となる全国に支店網を持つ消費者金融業者のみならず、多岐に及ぶ事業者が、キャッシングの際の無利息サービスを取り入れるようになりました。クレジットカード次第で、年会費の支払い義務があることもありますので、キャッシングをしたいがためにクレジットカードを手に入れるというのは、それほど堅実なやり方という訳ではありません。