押し目買い、戻し売りがうまく出来ない人の特徴

押し目買い、戻し売りがうまく出来ない人の特徴

押し目買い、戻し売りがうまく出来ない人の特徴

 

FXに限らずですが、押し目買いと戻し売りという手法があります。かなりザックリしたやり方なので、ファンダメンタル的な背景や素直なチャートを刻んでいる相場だったりしないと使えないのですが、これがうまく出来ない人にはある特徴があります。その特徴は、波形そのものに意味があると思っている人なんですよね。チャートはある種ランダムで動いていますから、あまり形に意味を求めすぎると鉄板の手法であっても上手くいきません。

 

チャートは時間軸と深く関わっています。時間軸をずらして見ると先から見ていたものとは正反対に見える事もしばしばです。にも関わらず、綺麗に丸く上昇の形を取っていたからと言って押し目買いをしても勝率は良くありません。押し目買い、戻し売りとはそもそも一方に進んでいる最中に一時的に反対に動き、そしてまた元の流れに戻る、というタイミングを狙うモノなのでチャートの形にはさほど意味がありません。ダブルボトムとかゴールデンクロスとかとはちょっと性質が違っているモノです。

 

基本的にトレンドはどの時間軸を見ても同じ方向にある程度は向いているモノですから、違う時間軸を見て明確に逆行していれば入るタイミングではありません。理想的にはですが、見ている時間軸よりも短いモノの大半が同じ方向を向いた時がチャンスになります。その時はトレードしている人達の心情も上に向いているのであっさりと勝てる傾向があります。

 

見なければならないのは全体の動きで、チャートの形ではありません。分かりやすいので初心者の人ほど形に拘りますが、その考えでは押し目買い、戻り売りでは利益を狙えませんね。リスクを取りたがらない人ほどそうなるようですが、トレードのエントリーはどこのリスクを取って行くか考えるモノでもあるのでタイミングなどザックリでも問題ない場合が多いです。上に上がって行く機運なのだから買っておく、下に下がる心情だから売って置く。それが結果として押し目買い、戻り売りになっていきます。

 

中級者ぐらいな人でも出来ない人が多いのは、それまで学んできたチャートの形、と言うモノに捕らわれているからでしょう。